Diagenode

腫瘍学

エピジェネティクスと癌

エピジェネティックプロセスは、多くの生物における遺伝子発現の正常な発達と維持を制御します。しかし、エピジェネティックメカニズムの破壊は遺伝子機能を変化させ、潜在的に腫瘍形成につながる細胞形質転換を引き起こす可能性があります。癌は、正常細胞の成長を変える一連のプロセスからなる多段階プロセスで、エピジェネティックな再プログラミングは、核組織化とヌクレオソームの配置、DNAメチル化、ヒストンの修飾、転写因子結合などの調節因子の変化、マイクロRNAなどの非コードRNAを含む複数のレベルで発生します。

エピジェネティック修飾は可逆的であり、潜在的な治療は、不規則な転写因子結合、DNAメチル化、またはヒストンアセチル化を変更するように調整できます。免疫沈降法やバイサルファイトシーケンスなどの妥当なサンプル調製とDNAメチル化の解析方法、qPCRまたはシーケンスと組み合わせたクロマチン免疫沈降(ChIP)を使用したクロマチン解析、RNA修飾など、エピジェネティクスの研究には、多様なツールを使用した正確な研究が不可欠です。癌に関連するメカニズムと特定の修飾が解明されるにつれて、正常細胞への損傷を最小限に抑えながら細胞の異常な修飾を標的にすることが可能になり、エピジェネティック療法の可能性がますます有望になっています。

エピジェネティック修飾は可逆的であり、潜在的な治療は、不規則な転写因子結合、DNAメチル化、またはヒストンアセチル化を変更するように調整できます。免疫沈降法やバイサルファイトシーケンスなどの妥当なサンプル調製とDNAメチル化の解析方法、qPCRまたはシーケンスと組み合わせたクロマチン免疫沈降(ChIP)を使用したクロマチン解析、RNA修飾など、エピジェネティクスの研究には、多様なツールを使用した正確な研究が不可欠です。癌に関連するメカニズムと特定の修飾が解明されるにつれて、正常細胞への損傷を最小限に抑えながら細胞の異常な修飾を標的にすることが可能になり、エピジェネティック療法の可能性がますます有望になっています。

クロマチン解析

Understand the role of chromatin in cancer regulation

DNA methylation

Analyze DNA methylation and the effects on oncogenesis and tumor suppression

Non-coding RNAs

Discover noncoding RNAs in cancer

腫瘍学の機能

  • MagMeDIP-seq Package
    C02010040
    MagMeDIP-seq Package

       Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics