Diagenode

>>>   Click for Diagenode’s approach to COVID-19

抗体

CRISPR / Cas9抗体

NEW!
C2C2 (Cas13a)

CRISPR / Casゲノム編集システムは、RNA依存性エンドヌクレアーゼ技術を用いて、ゲノムの任意の位置でのインデル変異、特定のシーケンス置換、挿入および大きな欠失、ゲノム再編成を誘導します。.さらに、この技術により特定の内因性遺伝子のアップレギュレーションまたはダウンレギュレーションの仲介、ヒストン修飾またはDNAメチル化を変更が可能になります。最も知られているCRISPR関連ヌクレアーゼは、Streptococcus pyogenes(化膿レンサ球菌)およびStaphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)由来のCas9タンパク質です。最近、Cpf1Lachnospiraceae細菌およびAcidaminococcus sp。由来)と命名された2つの新しいCRISPR関連ヌクレアーゼが記載されています。

抗CRISPR / Cas9抗体を使用する4つの重要な理由

CRISPR / Cas9ゲノム編集なら、遺伝子の効率的な破壊、消化、突然変異、挿入、または置換に、特定のシーケンスでの二本鎖DNA切断を可能にします。トランスフェクションの精度およびCas9発現のレベルは、特定の抗CRISP / Cas9抗体を用いた編集プロセス中に制御される必要があります。

理由1 Cas9タンパク質のトランスフェクションの成功を確認する

検証された抗Cas9抗体を用いたウエスタンブロットでCas9発現レベルをチェックする。

理由2 Cas9タンパク質が核に送達されたことを確認する

有効な抗Cas9抗体を用いてIFまたはIHCを介してCas9タンパク質の核局在を決定する。

理由3 Cas9発現レベルを確認する

一時的なシステム:ウエスタンブロットおよび抗Cas9抗体を使用することによりCas9発現が一過性であることを確認します。 延長されたCas9発現は、より多くのオフターゲット突然変異に繋がります。

安定した形質転換体:いくつかのクローンを単離し、ウエスタンブロットおよび特異的抗Cas9抗体を用いてCas9発現のレベルをチェックするスクリーニング。

高レベルのCas9発現は、非特異的活性をもたらし得ます。

理由4 Cas9の結合特異性を調べる

Cas9が正しい領域に結合しているかどうかを調べるために、ChIPグレードの抗Cas9抗体と標的および非標的領域のプライマーを用いて、選択されたsgRNAとの結合特異性を調べます。

製品

カタログ番号Product実験手法純度
C15100149 LwaCas13a monoclonal antibody
(100 µl)
WB Concentrated cell culture supernatant.

ニュース

 すべてのニュースを見る


The European Regional Development Fund and Wallonia are investing in your future.

Extension of industrial buildings and new laboratories.



  ABOUT SSL CERTIFICATES

       Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics