Diagenode

抗体

CRISPR / Cas9抗体

NEW!
C2C2 (Cas13a)

CRISPR / Casゲノム編集システムは、RNA依存性エンドヌクレアーゼ技術を用いて、ゲノムの任意の位置でのインデル変異、特定のシーケンス置換、挿入および大きな欠失、ゲノム再編成を誘導します。.さらに、この技術により特定の内因性遺伝子のアップレギュレーションまたはダウンレギュレーションの仲介、ヒストン修飾またはDNAメチル化を変更が可能になります。最も知られているCRISPR関連ヌクレアーゼは、Streptococcus pyogenes(化膿レンサ球菌)およびStaphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)由来のCas9タンパク質です。最近、Cpf1Lachnospiraceae細菌およびAcidaminococcus sp。由来)と命名された2つの新しいCRISPR関連ヌクレアーゼが記載されています。

抗CRISPR / Cas9抗体を使用する4つの重要な理由

CRISPR / Cas9ゲノム編集なら、遺伝子の効率的な破壊、消化、突然変異、挿入、または置換に、特定のシーケンスでの二本鎖DNA切断を可能にします。トランスフェクションの精度およびCas9発現のレベルは、特定の抗CRISP / Cas9抗体を用いた編集プロセス中に制御される必要があります。

理由1 Cas9タンパク質のトランスフェクションの成功を確認する

検証された抗Cas9抗体を用いたウエスタンブロットでCas9発現レベルをチェックする。

理由2 Cas9タンパク質が核に送達されたことを確認する

有効な抗Cas9抗体を用いてIFまたはIHCを介してCas9タンパク質の核局在を決定する。

理由3 Cas9発現レベルを確認する

一時的なシステム:ウエスタンブロットおよび抗Cas9抗体を使用することによりCas9発現が一過性であることを確認します。 延長されたCas9発現は、より多くのオフターゲット突然変異に繋がります。

安定した形質転換体:いくつかのクローンを単離し、ウエスタンブロットおよび特異的抗Cas9抗体を用いてCas9発現のレベルをチェックするスクリーニング。

高レベルのCas9発現は、非特異的活性をもたらし得ます。

理由4 Cas9の結合特異性を調べる

Cas9が正しい領域に結合しているかどうかを調べるために、ChIPグレードの抗Cas9抗体と標的および非標的領域のプライマーを用いて、選択されたsgRNAとの結合特異性を調べます。

         Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics