Diagenode

アプリケーション

  • RNA-seq

    Learn more

    メッセンジャーRNA(mRNA)

    特異的ポリA選定でタンパク質コーディングRNA がん関連mRNAシグネチャー 癌の病因における異常なmRNA転換 遺伝子発現プロファイリングおよび示差的に発現される遺伝子の同定(DEG) 遺伝子発現のエピジェネティクスな機構(トランスクリプトーム+ H3K36me3およびH3K4me3標識) コーディング遺伝子の機能的アノテーション Learn more

    全トランスクリプトーム解析と長い非コードRNA(lncRNA)解析

    トランスクリプトーム配列決定:任意のrRNA除去を伴う200ntより大きいRNAおよび全トランスクリプトームの分析 クロマチンリモデリングおよび転写/転写後調節に関与する非タンパク質コードRNA   Learn more

    小型RNAとmiRNA

    遺伝子発現の転写後調節 新規転写物および差示的に発現される小RNA 腫瘍抑制遺伝子発現の調節に関与するmiRNA 差次的miRNA発現 Learn more

  • 受託サービス

    Learn more

    Custom NGS services

    Low input libraries from picogramsSpecific analysesComplete customized projects Learn more

    Histone ChIP-seq services

    Use our services to explore ChIP-seq histone modifications down to 10,000 cellsPost-translational modification of histones regulates gene expression. With our Epigenomic Profiling Services, study regulatory elements and their interacting proteins with active promoter and enhancer analysis. Profile genome-wide histon... Learn more

    転写因子ChIP-seqサービス

    多数の転写因子のChIP-seq解析による転写因子結合の影響を調べる: CTCF: 転写リプレッサーおよびインシュレーター活性 p300/CBP: ヒストンアセチルトランスフェラーゼ Pol II, p53など エピジェネティック writers, readers, erasers 核内受容体  腫瘍抑制遺伝子 Learn more

  • エピジェネティクス・DNAメチル化

    DNAメチル化研究のための完全打開策 Diagenodeは、DNAメチル化の分野の経験者、未経験者どちらの方でも、実験の一貫性のあるデータを確保しながら、できるだけシンプルかつ便利な実験にするために必要なすべてをご提供いたします。Diagenodeは、超音波装置、試薬キット、高品質の抗体、ハイスループットの自動化機能を備えており、特定のDNAメチル化解析のすべての要件に対応します。 DNAメチル化は最初に発見されたエピジェネティクスマークであり、エピジェネティクススにおいて最も広く研究されているトピックです。生体内でDNAは複製後にメチル化され、刷り込みされた遺伝子、X染色体不活性化および癌細胞における腫瘍抑制遺伝子サイレンシングの調節を含む多くの生物学的過程に関与します。.メチル化は、多くの場合プロモーター領域の上流にあるDNAのシトシン - グアニンが豊富な領域(CpGアイランド)で発生します。 参照 エピジェネティクス規制でDNAの唯一の変形として、5-メチルシトシン(5-mC)が最も有名です。 しかし2009年に、Kriaucionisは第2のメチル化シトシン、5-ヒドロキシメチルシトシン(5-hmC)を発見しました。いわゆる6番目の塩基は、オキシゲナーゼのTET類による5-メチルシトシン(5-mC)の5-ヒドロキシメチルシトシンへの酵素的変換によって生成されます。初期の報告では、DNAを脱メチル化して5... Learn more

    バイサルファイト処理

    Bisulfite modification of DNA is the most commonly used, "gold standard" method for DNA methylation studies providing single nucleotide resolution. This technology is based on the chemical conversion of unmethylated cytosine to uracil. Methylated cytosines are protected from this conversion allowing to determine D... Learn more

    メチル化DNA結合タンパク質

    The MBD approach is based on the very high affinity of a H6-GST-MBD fusion protein for methylated DNA. This protein consists of the methyl binding domain (MBD) of human MeCP2, as a C-terminal fusion with Glutathione-S-transferase (GST) containing an N-terminal His6-tag. The H6-GST-MBD fusion protein can be used to... Learn more

    メチル化DNA免疫沈降

    The Methylated DNA IP (MeDIP) is based on the affinity purification of methylated DNA using an antibody directed against 5-methylcytosine (5-mC) or 5-hydroxymethylcytosine (5-hmC) in the case of hMeDIP. How it works In brief, Methyl DNA IP is performed as follows: Genomic DNA from cultured cells or tissues is pr... Learn more

  • クロマチン断片

    ChIPの成功に最も重要なステップは細胞の固定と溶解、そしてクロマチンの断片化の両方です。 研究者の中には、これらのステップの両方の重要な性質を見過すことがあります。断片化工程の不一致を解消するDiagenodeのPicoruptor®は、最先端の超音波ACT(Adaptive Cavitation Technology)を駆使し、効率的にクロマチンを断片します。ACTは、穏やかかつ非常に有効な断片力を用いて、ChIP実験に必須の高いIP効率および感度を持つ最高のクロマチン品質を可能にします。 さらに、Picoruptor®は、タンパク質-DNA複合体が高感度で偏りのない正確なChIPのために十分に保存されるよう、熱分解からクロマチン断片を保存する正確に制御された温度環境を提供します。 Diagenode Picoruptor®は、qPCRやChIP-seqなど、最適に断片化された偏りのないクロマチンが必須な多くのアプリケーションにぴったりのクロマチン断片を実現します。 Panel A, 10 µl volume: Chromatin samples are sheared for 10, 20 and 30 cycles of 30 sec ON/30 sec OFF with the Bioruptor® Pico using 0.1 ml Bioruptor® Microtubes ... Learn more

  • 次世代シーケンシング

    DNAせん断、ライブラリー作成、自動化:NGSのワンストップショップ 1. せん断装置を選択してください:150 bp〜75 kbの範囲でDNAをせん断します。 5μlまでせん断:150 bp〜2 kbNGS DNAライブラリー調製およびFFPE核酸抽出に最適で、 2 kb〜75 kbの範囲をせんできます。メイトペアライブラリー調製および長いフラグメントDNAシーケンシングに最適で、この軽量デスクトップデバイスで 20または50μlのせん断が可能です。 2. 最適化されたライブラリ調整キットを選択してください。 3. ライブラリ前処理自動化を選択して、比類のないデータ再現性を実感 50pgの低入力:MicroPlexライブラリ調整 5ng以上:iDeal ライブラリ調整 Achieve great NGS data easily DiagenodeがNGS研究にぴったりなプロバイダーである理由 Diagenodeは15年以上もエピジェネティクス研究に専念、専門としています。 ChIP研究クロマチン用のユニークなせん断システムの開発から始まり、 専門知識を活かし、5μlのせん断体積まで可能で、NGS DNAライブラリーの調製に最適な最先端DNA... Learn more

    NGSライブラリー調製

    主要な次世代シークエンシングプラットフォームのほとんどは、シークエンシングの前に 断片化したDNAまたはRNA に特異的なアダプターオリゴをライゲーションする必要があります。 入力DNAが断片化された後、それは末端修復され、平滑末端化されます。次のステップは、平滑化リン酸化DNAフラグメントの3 '末端にdAMPを加えて、コンカテマー化を防止し、相補的なdTオーバーハングを有するアダプターのライゲーションを可能にするA-テーリングです。さらに、増幅前または増幅中に多重化を容易にするために、バーコード化アダプターを組み込むことが可能です。 Diagenodeはライブラリ作成のための包括的な製品ポートフォリオを提供しま... Learn more

    DNA/RNA断片

    近年の次世代シーケンシング(NGS)の進歩はゲノミクスや生物学に革命をもたらしました。 この成長により、最適なサンプル調製、ゲノムライブラリー構築には欠かせない高度技術の要求、必要性がさらに高まっています。 最適なライブラリー調製に最も重要な要因の一つは、シーケンシングされるDNAの品質です。 まずは、DNAを効果的かつ一貫してシーケンシングプラットフォームに応じた適切な断片サイズに切断し、具体的で信頼できるNGS結果を実現する必要があります。 Picoruptor and Megaruptor®なら、次世代シーケンシングワークフローに不可欠な高サンプル収率、フラグメントサイズ、そして一貫性を実現できます。当社ガイ... Learn more

    ホルマリン固定 DNA抽出

    Diagenode's high yields FFPE DNA extraction using Bioruptor® is a superior method for extracting DNA for Next-Gen Sequencing. Our FFPE DNA Extraction kit contains optimized reagents that are added directly to the FFPE samples to remove paraffin with no toxic reagents, digest tissues, and purify DNA with high y... Learn more

    RNA抽出

    Various biochemical and analytical techniques require the extraction of RNA from tissues. Isolating intact RNA is essential for many techniques used in gene expression analysis. In order to obtain optimal yields of RNA, the efficient disruption and homogenization of tissues and cultured cells are required. Diageno... Learn more

  • タンパク質分析

    Proteins play a critical role in virtually all cell processes including metabolism, structure, growth, and repair. Understanding protein function, behavior, structure, and their importance are key aspects of understanding disease and therapeutics. Experimental analysis of proteins typically involves expression and purification or the direct extraction of proteins from cells or tissues for further downstream analysis such as ligand binding assays, mass spectrometry, or protein sequencing. Other protein analysis methods include detection methods such as BCA assays and Western blots or methods to understand protein-to-protein in... Learn more

    タンパク質抽出

    Various biochemical and analytical techniques require the extraction of protein from tissues or mammalian, yeast and bacterial cells. Obtaining high quality and yields of proteins is important for further downstream protein characterization such as in PAGE, western blotting, mass spectrometry or protein purificati... Learn more

    ウエスタンブロット分析

    We have what you need for a successful Western blot! Western blots require multiple steps - sample preparation, sample loading, electrophoresis, protein transfer, antibody incubation, and signal detection - so it is important to be sure that each step is done correctly. For a successful Western blot we offer: Loa... Learn more

  • エピジェネティクス・クロマチン解析

    エピジェネティクス研究は、異なる転写パターン、遺伝子発現およびサイレンシングを引き起こすクロマチンの変化に対処します。クロマチンの主成分はDNAおよびヒストン蛋白質です。 各ヒストンコア蛋白質(H2A、H2B、H3およびH4)の2つのコピーを8量体に組み込み、DNAで包んでヌクレオソームコアを形成させます。 ヌクレオソームは、転写機械のDNAへの接近可能性およびクロマチン再構成因子を制御します。 クロマチン免疫沈降(ChIP)は、関心対象の特定の蛋白質に対するゲノム結合部位の位置を解明するために使用される方法であり、遺伝子発現の制御に関する非常に貴重な洞察を提供します。 ChIPは特定の抗原を含むクロマチン断片の選択的富化に関与します。 特定の蛋白質または蛋白質修飾を認識する抗体を使用して、特定の遺伝子座における抗原の相対存在量を決定します。 ChIP-seqおよびChIP-qPCRは、蛋白質-DNA結合部位の同定を可能にする技術です。   Learn more

    ChIP-qPCR

    定量のPCRとクロマチン免疫沈降(ChIP)が相まり、既知のゲノム結合部位でのタンパク質-DNA相互作用を調べる事に利用できます。ゲノム結合部位が不明の場合は、プロモーターのような潜在的な制御領域に対してqPCRプライマーを設計することもできます。ChIP-qPCRは、リアルタイムPCRを実行するコストが最小であるため、異なる実験条件にわたって特定の遺伝子および潜在的な制御領域に焦点を当てた研究においてとても有利です。また、この技術は現在、細胞分化、腫瘍抑制遺伝子のサイレンシング、および遺伝子発現に対するヒストン修飾の効果を含む様々なライフサイエンス分野で使用されています。 Chromatin prepara... Learn more

    ChIP-seq

    検出方法(ChIP-seq)としてハイスループットシーケンシングと結合したクロマチン免疫沈降(ChIP)は、今やエピゲノム研究、すなわちゲノム規模でのタンパク質-DNA相互作用の研究において主要な方法の1つされています。また、この技術は現在、細胞分化、腫瘍抑制遺伝子のサイレンシング、および遺伝子発現に対するヒストン修飾の効果を含む様々なライフサイエンス分野で使用されています。 ChIP-seqワークフロー クロマチン調製 : DNAへのヒストンまたは転写因子などのクロマチン結合タンパク質の固定(架橋)に続いて細胞溶解。 クロマチン断片化 :  超音波処理による所望の断片サイズ(... Learn more

  • Antibody Applications

    Learn more

    Protein array

    Protein array Learn more

    DB

    Dot blotting Learn more

    ELISA

    Enzyme-linked immunosorbent assay. Learn more

    GSA

    Gel Supershift Learn more

    IC

    Immunochemistry Learn more

    IF

    Immunofluorescence: Diagenode offers huge selection of highly sensitive antibodies validated in IF. Immunofluorescence using the Diagenode monoclonal antibody directed against CRISPR/Cas9 HeLa cells transfected with a Cas9 expression vector (left) or untransfected cells (right) were fixed in methanol at -20°... Learn more

    IHC

    Immunohistochemistry Learn more

    IP

    Immunoprecipitation Learn more

    Peptide array

    Peptide array Learn more

    siRNA Knockdown

    Epigenetic antibodies you can trust! Antibody quality is essential for assay success. Diagenode offers antibodies that are actually validated and have been widely used and published by the scientific community. Now we are adding a new level of siRNA knockdown validation to assure the specificity of our non-hist... Learn more

    WB

    Western blot : The quality of antibodies used in this technique is crucial for correct and specific protein identification. Diagenode offers huge selection of highly sensitive and specific western blot-validated antibodies. Learn more about: Loading control, MW marker visualization. Check our selection of antibod... Learn more

イベント

 See all events

アプリケーション

 すべてのアプリケーションを参照してください



The European Regional Development Fund and Wallonia are investing in your future.

Extension of industrial buildings and new laboratories.



  ABOUT SSL CERTIFICATES

         Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics