Diagenode

Infinium Mouse Methylation Array Service

default alt
  •  詳細
  •  資料
  •  関連記事
  •   お見積り
カタログ番号
フォーマット
G02160000

Infinium MethylationEPIC&Hydroxymethylation oxEPIC アレイは、選択的な酸化、バイサルファイト処理とIllumina®技術に基づくゲノムワイドのDNAメチル化解析技術です。これは、一塩基分解能を有するゲノム全体にわたる850,000を超えるヒトCpG位置のメチル化レベル(5mC)と総メチル化(5mC + 5hmC)レベルの定量的な検出を可能にします。

バイサルファイト変換で、2種の5-メチルシトシンと5-ヒドロキシメチルシトシンのが判別なくシトシンとして読み取られ、DNAサンプルの総メチル化(5mC + 5hmC)レベルのマップが検出されます。 最初に酸化ステップを行うことで、5-ヒドロキシメチルシトシンは5-ホルミルシトシンに変換され、その後、バイサルファイト処理中にウラシルに変換されます。 その結果、5メチルシトシンのみがシトシンとして読み取られ、DNAサンプルのメチル化(5mC)レベルのマップが検出されます。 この2つの方法を組み合わせると、DNAサンプルの5-ヒドロキシメチルシトシン(5hmC)の状態を調べることが可能です。

DNAサンプルの総メチル化(5mC + 5hmC)レベルに関しては、InfiniumMethylationEPICアレイサービスをご覧ください。

ゲノムワイドの包括的なカバレッジに最適な優れた方法

  • 所要時間の短縮、高いコストパフォーマンス
  • 単一ヌクレオチド分解能で850,000を超えるヒトCpG位置
  • CpG、非CpG、およびCHH部位のメチル化部位の定量分析
  • 5mCと5hmCの判別
  • Differentially methylated とhydroxymethylated site解析
  • エンドツーエンドの酸化変換、バイサルファイト変換、アレイハイブリダイゼーション、解析を含む包括的なサービス

Reduced Representation、全ゲノム、およびターゲット解析に関して、詳しくはその他のDNAメチル化プロファイリングサービスをご覧ください。

  • Description

    End-to-end array 

    • Bisulfite conversion
    • Whole genome amplification
    • Array hybridization
    • Single base extension  
    • Array scanner 
  • Data analysis

    Analysis

    Features

    Standard

    Standard files provided:

    • Sample annotation
    • Variable annotation
    • Scanner output (IDAT files)

    Differential methylation analysis

    Identification of differentially methylated CpGs between sample groups.

    Files provided:

    • Report with summary of differential methylation analysis and plots
    • File containing the differentially methylated CpGs and breakdown of those positions in regional analysis (CpG islands, shelves, shores and open sea)
    • File containing differential methylated regions (DMRs)

    Gene ontology terms analysis

    Enrichment analysis on gene sets. Gene Ontology terms that are overrepresented in differentially bound regions may indicate the underlying biological processes involved.

    Pathway analysis

    Identify biochemical pathways in which genes associated with differentially methylated regions (or individual differentially methylated CpGs) may be overrepresented.

  •  出版物

    How to properly cite this product in your work

    Diagenode strongly recommends using this: Infinium Mouse Methylation Array Service (Diagenode Cat# G02160000). Click here to copy to clipboard.

    Using our products in your publication? Let us know!

イベント

  • Virtual ChIP workshop - January 18-19, 2022 or January 25-26, 2022
    Diagenode
    Jan 18-Jan 26, 2022
  • Virtual DNA Methylation - January 18-19, 2022 or January 25-26, 2022
    Diagenode
    Jan 18-Jan 26, 2022
  • Lausanne Genomics Days 2022
    Lausanne, Switzerland
    Feb 14-Feb 15, 2022
 すべてのイベントを見る

ニュース

 すべてのニュースを見る


The European Regional Development Fund and Wallonia are investing in your future.

Extension of industrial buildings and new laboratories.


       Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics