Diagenode

ChIP Cross-link Gold

カタログ番号
フォーマット
価格
C01019027
600 µl
$130.00

架橋(クロスリンキング)は、一般的には可逆的DNA-タンパク質結合を形成するホルムアルデヒドを用いて行われます。 しかし、通常のホルムアルデヒドはDNAに直接結合していないタンパク質を架橋するには有効ではありません。 例えば、誘導性転写因子または補因子は、タンパク質 - タンパク質相互作用を介してDNAと相互作用し、ホルムアルデヒドを用いても、これらを十分に保存することは出来ません。このような高次および動的相互作用には効率的なタンパク質 - タンパク質安定化に適した他の架橋剤を ホルムアルデヒドと組み合わせて使用することで、最良の結果を得ることが出来ます。その組み合わせとして最適なDiagenodeのChIPクロスリンクゴールドは高次タンパク質相互作用において有効的で最良の選択肢です。

       Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics