Diagenode

ChIP Cross-link Gold

カタログ番号
フォーマット
価格
C01019027
600 µl
$130.00

架橋(クロスリンキング)は、一般的には可逆的DNA-タンパク質結合を形成するホルムアルデヒドを用いて行われます。 しかし、通常のホルムアルデヒドはDNAに直接結合していないタンパク質を架橋するには有効ではありません。 例えば、誘導性転写因子または補因子は、タンパク質 - タンパク質相互作用を介してDNAと相互作用し、ホルムアルデヒドを用いても、これらを十分に保存することは出来ません。このような高次および動的相互作用には効率的なタンパク質 - タンパク質安定化に適した他の架橋剤を ホルムアルデヒドと組み合わせて使用することで、最良の結果を得ることが出来ます。その組み合わせとして最適なDiagenodeのChIPクロスリンクゴールドは高次タンパク質相互作用において有効的で最良の選択肢です。

  •  プロトコル集
    Chromatin shearing - Guide for successful chromatin preparation using the Bioruptor® Pico
    Chromatin immunoprecipitation (ChIP) is a common tool used to study protein-DNA interactions in c...
    Download
  •  実験手法
    ChIP-qPCR
    定量のPCRとクロマチン免疫沈降(ChIP)が相まり、既知のゲノム結合部位でのタンパク質-DNA相互作用を調べる事に利用できます。ゲノム結合部位が不明の場合は、プロモーターのような潜在的な制御領域に対してqPCRプライマーを設計することもできます。ChIP-qPCRは、リアルタイムPCRを実行するコストが最小であるため、異なる実験条件にわたって特定の遺伝子および潜在的な制御領域に焦点を当てた研究においてとても有利です。また、この技術は現在、細胞分化、腫瘍抑制遺伝子のサイレンシング、およ... Read more
    ChIP-seq
    検出方法(ChIP-seq)としてハイスループットシーケンシングと結合したクロマチン免疫沈降(ChIP)は、今やエピゲノム研究、すなわちゲノム規模でのタンパク質-DNA相互作用の研究において主要な方法の1つされています。また、この技術は現在、細胞分化、腫瘍抑制遺伝子のサイレンシング、および遺伝子発現に対するヒストン修飾の効果を含む様々なライフサイエンス分野で使用されています。 ChIP-seqワークフロー クロマチン調製 : DNAへのヒストンまたは転... Read more
    クロマチン断片
    ChIPの成功に最も重要なステップは細胞の固定と溶解、そしてクロマチンの断片化の両方です。 研究者の中には、これらのステップの両方の重要な性質を見過すことがあります。断片化工程の不一致を解消するDiagenodeのPicoruptor®は、最先端の超音波ACT(Adaptive Cavitation Technology)を駆使し、効率的にクロマチンを断片します。ACTは、穏やかかつ非常に有効な断片力を用いて、ChIP実験に必須の高いIP効率および感度を持つ最高のクロマチン品質... Read more
    エピジェネティクス・クロマチン解析
    エピジェネティクス研究は、異なる転写パターン、遺伝子発現およびサイレンシングを引き起こすクロマチンの変化に対処します。クロマチンの主成分はDNAおよびヒストン蛋白質です。 各ヒストンコア蛋白質(H2A、H2B、H3およびH4)の2つのコピーを8量体に組み込み、DNAで包んでヌクレオソームコアを形成させます。 ヌクレオソームは、転写機械のDNAへの接近可能性およびクロマチン再構成因子を制御します。 クロマチン免疫沈降(ChIP)は、関心対象の特定の蛋白質に対... Read more
  •  資料
    ChIP cross-link Gold MANUAL
    The first step of a ChIP assay is the cross-linking in order to fix the cells. Cross-linkin...
    Download
  •  出版物

    How to properly cite this product in your work

    Diagenode strongly recommends using this: ChIP Cross-link Gold (Diagenode Cat# C01019027). Click here to copy to clipboard.

    Using our products in your publication? Let us know!

    The BRG1/SOX9 axis is critical for acinar cell-derived pancreatic tumorigenesis.
    Tsuda M, Fukuda A, Roy N, Hiramatsu Y, Leonhardt L, Kakiuchi N, Hoyer K, Ogawa S, Goto N, Ikuta K, Kimura Y, Matsumoto Y, Takada Y, Yoshioka T, Maruno T, Yamaga Y, Kim GE, Akiyama H, Ogawa S, Wright CV, Saur D, Takaori K, Uemoto S, Hebrok M, Chiba T, Seno
    Chromatin remodeler Brahma related gene 1 (BRG1) is silenced in approximately 10% of human pancreatic ductal adenocarcinomas (PDAs). We previously showed that BRG1 inhibits the formation of intraductal pancreatic mucinous neoplasm (IPMN) and that IPMN-derived PDA originated from ductal cells. However, the role of BR...

    A new metabolic gene signature in prostate cancer regulated by JMJD3 and EZH2.
    Daures M, Idrissou M, Judes G, Rifaï K, Penault-Llorca F, Bignon YJ, Guy L, Bernard-Gallon D
    Histone methylation is essential for gene expression control. Trimethylated lysine 27 of histone 3 (H3K27me3) is controlled by the balance between the activities of JMJD3 demethylase and EZH2 methyltransferase. This epigenetic mark has been shown to be deregulated in prostate cancer, and evidence shows H3K27me3 enri...

    SMC Progressively Aligns Chromosomal Arms in Caulobacter crescentus but Is Antagonized by Convergent Transcription
    Tran N.T. et al.
    The structural maintenance of chromosomes (SMC) complex plays an important role in chromosome organization and segregation in most living organisms. In Caulobacter crescentus, SMC is required to align the left and the right arms of the chromosome that run in parallel down the long axis of the cell. However, the...

    EPOP Functionally Links Elongin and Polycomb in Pluripotent Stem Cells
    Beringer M. et al.
    The cellular plasticity of pluripotent stem cells is thought to be sustained by genomic regions that display both active and repressive chromatin properties. These regions exhibit low levels of gene expression, yet the mechanisms controlling these levels remain unknown. Here, we describe Elongin BC as a binding fact...

  •  関連商品

         Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics

?>