Diagenode
DNA-methylation -Diagenode

DNAメチル化およびヒストン修飾のパターンは、細胞機能を維持する上で不可欠な役割を果たします。 異常なDNAメチル化 - 過剰メチル化および低メチル化 - は、癌または他の疾患のような有害転帰をもたらし得ます。ゲノムワイドDNAメチル化分析による5-mCの定量化は、疾患の検出および予後のための情報を提供することが可能です。 DiagenodeのDNAメチル化解析サービスは、あらゆる種のゲノムDNAメチル化解析の標的となる全ゲノムDNAメチル化解析用の多数の重亜硫酸塩シークエンシングオプションをご提供いたします。

RRBS-Diagenode

表現の重亜硫酸塩シークエンシング(RRBS

RRBSは、ゲノム全体の重亜硫酸塩シークエンシングに関連する高コストなしに、単一ヌクレオチドレベルでDNAメチル化を効率的に分析するのに最適な方法です。制限MspI酵素(CCGG標的部位)およびサイズ選択を用いてゲノムを切断することにより、DNAメチル化マークが通常見出されるCpGリッチ領域(CpGアイランドを含む)を表すようにDNAが濃縮されるので、実際に配列決定する必要があるゲノムの部分を減らし、関連するCpGアイランドに焦点を当てることによって、DNAメチル化を分析するPRBSはコストパフォーマンスに優れた方法です。

  • CpGリッチ領域(5-mC):単一ヌクレオチド分解能
  • エピジェネティクスバイオマーカーの発見
  • ゲノムにわたるCpGに富む領域のメチル化パターン
  • ヒトの4MまでのCpG部位をカバーする

全ゲノムバイサルファイトシークエンシング(WGBS)

WGBSは、イルミナ(Illumina)(登録商標)プラットフォームを用いたシークエンシングのために、単一および対末端バイサルファイト変換DNAライブラリーを調製するように設計されています。 ChIP-Bis-Sequencingを実施するために、ChIP由来サンプルからの重亜硫酸塩変換ライブラリー調製についても検証されています。 ゲノムワイド亜硫酸水素塩シークエンシングは、DNAメチル化部位および遺伝子調節におけるそれらの役割の研究に適します。

  • ゲノムワイド5-mC:単一ヌクレオチド分解能
  • エピジェネティクスバイオマーカーの発見
  • ゲノムにわたるCpG、CHGおよびCHH領域のメチル化パターン
  • エピゲノムワイド関連研究(EWAS)

製品

default alt

RRBSとDNAメチル化研究 最新のバイサルファイト処理とIlluminaシーケンシング技術 CpGメチル化解析による単一ヌクレオチド分解能 出版品質のデータ 人間、動物、植物のゲノム RRBS(Reduced representation bisulfite s...

イベント

 See all events

アプリケーション

 すべてのアプリケーションを参照してください



The European Regional Development Fund and Wallonia are investing in your future.

Extension of industrial buildings and new laboratories.



  ABOUT SSL CERTIFICATES

         Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics