Diagenode

次世代シーケンシング

DNA/RNA断片

近年の次世代シーケンシング(NGS)の進歩はゲノミクスや生物学に革命をもたらしました。 この成長により、最適なサンプル調製、ゲノムライブラリー構築には欠かせない高度技術の要求、必要性がさらに高まっています。 最適なライブラリー調製に最も重要な要因の一つは、シーケンシングされるDNAの品質です。 まずは、DNAを効果的かつ一貫してシーケンシングプラットフォームに応じた適切な断片サイズに切断し、具体的で信頼できるNGS結果を実現する必要があります。 Picoruptor and Megaruptor®なら、次世代シーケンシングワークフローに不可欠な高サンプル収率、フラグメントサイズ、そして一貫性を実現できます。当社ガイドラインに沿って、DNAサイズに適したパラメーターを見つけてください: Picoruptor®でDNAシェアリング.

PicoruptorDNAサイズ分布がプログラム可能で高度な再現性を持ちます。0.65(パネルA)または0.1 ml(パネルB)マイクロチューブを使用した実験例。 パネルA100μlの容量を用いて13サイクル後に200bp13秒オン/オフ)。 平均サイズ:204; CV%:1.89%) パネルB10μlの容量を用いて、20サイクル後に200bp30秒のON / OFF)。 (平均サイズ215bp; CV%:6.6%)。 パネルAB:ピークエレクトロフェログラム図。 パネルCD:バーチャルゲル・ビュー。



短いフラグメントサイズのハイドロポーラスを使ったMegaruptor®による再現性があり短いDNA分布を行いました。これは2つの異なるDNA源と2種類の分析方法で、検証されています。 A:ラムダファージゲノムDNA(20ng /μl;150μl/サンプル)を多様な速度設定でせん断し、1%アガロースゲルで分析。 B:2および5kbの異なるソフトウェア設定でせん断されたヒトゲノムDNA(20ng /μl;150μl/試料)のBioanalyzerプロファイル。 3つの独立した実験を各設定に対して実行。 (分離およびフラグメントサイジングのためにAgilent DNA 12000キットを使用)。
Megaruptor®による、長い断片サイズのハイドロポアを用いた15kb75kbフラグメントサイズのせん断を実証しました。 画像は、長い断片のハイドロポアでせん断されたヒトゲノムDNADNAサイズ分布を示します。 1%アガロースゲル中でパルスフィールドゲル電気泳動(PFGE)によりDNAを分析し、平均サイズのスミアをImage Lab 4.1ソフトウェアを用いて推定します。
*
は未交換DNAを示します。

DNA/RNA断片サービスの推奨・関連製品

  • Bioruptor-pico-next-gen-sequencing
    B01060010
    Picoruptor ® Sonicator
  • Bioruptor One
    B01070001
    Diagenode One sonication device
  • Megaruptor 2
    B06010002
    Megaruptor® 2
  • some alt
    C30010015
    0.1 ml Picoruptor Microtubes
  • some alt
    B01200041
    0.1 ml tube holder & tube adaptors for Picoruptor
  • some alt
    C30010013
    0.5 ml Bioruptor® Plus Microtubes
  • Product image
    B01200043
    0.5/0.65 ml tube holder for Picoruptor
  • some alt
    C30010011
    0.65 ml Picoruptor Microtubes
  • some alt
    C30010010-300
    1.5 ml Bioruptor® Plus TPX microtubes
  • some alt
    C30010010-50
    1.5 ml Bioruptor® Plus TPX microtubes
  • some alt
    C30010016
    1.5 ml Picoruptor Microtubes with Caps
  • some alt
    B01200040
    1.5 ml tube holder for Picoruptor
  • Bioruptor One - 20 ul chip
    C30150001
    20 μl Microfluidic Chips for the One
  • Bioruptor One - 50 ul chip
    C30150002
    50 μl Microfluidic Chips for the One
  • some alt
    C30010018
    Hydro Tubes
  • some alt
    E07010002
    Hydropore - long
  • some alt
    E07010001
    Hydropore - short
  • megaruptor
    B06010001
    Megaruptor®

関連するプロトコル

DNA Shearing with Bioruptor® Pico - Small Volume (10 µl)
For DNA shearing we highly recommend to use the 0.1 ml tube holder & tube adaptors (Cat. No. ...
ダウンロード
DNA Shearing for Bioruptor® Pico - Standard 100 μl Volume
Standard protocols for programmable DNA size distributions, excellent reproducibility, and high d...
ダウンロード
RNA Shearing for Bioruptor® NGS and Pico
The Diagenode ACT (Adaptative Cavitation Transfer technology) process is highly reproducible, how...
ダウンロード
DNA shearing for Next-Generation Sequencing with the Bioruptor® pico, 0.2 ml Bioruptor® microtubes and the corresponding holder
Optimal data generation using NGS platforms relies on a few sample-preparation prerequisites, amo...
ダウンロード
FFPE DNA extraction protocol using the Bioruptor®
The number of archival formalin-fixed paraffin embedded (FFPE) samples is in the millions, provid...
ダウンロード
Workflow for FFPE-derived DNA shearing prior to Next Generation Sequencing
Formalin fixation and paraffin embedding (FFPE) is a standard method for long-term preservation o...
ダウンロード

イベント

 すべてのイベントを見る

         Site map   |   Contact us   |   Conditions of sales   |   Conditions of purchase   |   Privacy policy   |   Diagenode Diagnostics